シミは治せる!|脂肪吸引もしみ治療も美容クリニックで解決できます!|ロゴロゴロ

シミは治せる!

女性

シミの種類

シミと一言で表すことはできますが、実は人によってシミの種類が異なる場合もあります。例えば、表在色素班タイプのシミは、ニキビなどの炎症が原因でできる色素沈着や肌表面にある表皮細胞にトラブルがおきたためできるシミです。深在色素班タイプのシミは、肌の奥深くにある日光性花弁状色素班に異常が生じてしまいできるシミです。どのタイプかによって、しみ治療の方法を変えることが改善するためには、大切なポイントとなります。

治療方法

東京にある美容クリニックによって、しみ治療の方法は異なりますが上記で述べたシミの種類に合わせて治療を進めていくクリニックが多いと言われています。表在色素班タイプの治療には、光治療やピーリング治療が効果的と言われています。一方、深在性色素タイプのシミは肌の奥深くにある細胞に届くレーザー治療が最適でしょう。

気をつけよう!シミができる原因はコレ!

紫外線

これは、多くの女性が知っていることですが紫外線はシミを作ってしまう大きな原因の一つと言われています。そのため、紫外線対策を怠ってしまうとシミができやすくなってしまうのです。なるべくシミを作りたくないという女性は、若い頃から紫外線対策をしておきましょう。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンが乱れてしまうと、肌荒れが起きるということを知っている女性は多く存在しますがシミができやすくなるというこを知っている女性は少ないでしょう。実は、女性ホルモンが乱れてしまうとメラニン色素が増えやすくなってしまうため注意が必要なのです。

肌への刺激

肌を綺麗にしたい!という思いでガッツリ力を入れて洗顔している女性も少なくありませんが、実はこの洗顔方法がシミの原因になってしまう場合もあります。肌への刺激で肌のバリア機能が弱ってしまいシミができやすくなってしまいます。

タバコ

タバコは体に悪い影響を与えてしまいますが、実はお肌にも悪い影響を与えてしまいます。タバコを吸うことで体内のビタミンCが破壊されてしまい、シミの原因となるメラニン色素が増えやすくなってしまうのです。

柑橘系果物

レモンや柑橘系の果物は、ビタミンCが豊富に含まれているため美白方法の一種として摂取している人も少なくありませんが、実はレモンやセロリなどに含まれているソラーレンという成分は紫外線の影響を受けやすくしてしまうのです。そのため、朝食べるのは避けるようにしましょう。

シミができやすい部位ランキング

no.1

頬にできるシミの中でも、肝斑と呼ばれる両頬左右対象にできるシミが多いと言われています。肝斑は20代を過ぎた女性にできやすく原因は女性ホルモンの乱れと言われています。

no.2

目周辺

サングラスなどで隠すことはできますが、高確率で紫外線にさらされる目元はシミができやすい部分です。目の周りにある皮膚は刺激に弱いため、すぐに影響を受けてしまうのでしょう。

no.3

口周り

口の周りにもシミはできてしまいます。その原因は、ホルモンバランスの乱れや睡眠不足などです。生活習慣が乱れてしまうとシミもできやすくなってしまうため注意しましょう。

no.4

額部分にできるシミもストレスが主な原因と言われています。ストレスの影響でホルモンバランスが乱れ、調整ホルモンを作ろうとします。このときにシミの原因となるメラニン色素が発生してしまうため、シミができてしまうのです。

no.5

腕や足などにもシミはできてしまいます。体にできるシミは、紫外線やホルモンだけではなく体内の健康具合も原因になります。便秘や内蔵疲労になっている状態だと。シミができやすくなってしまいます。その他にも衣服の摩擦などが原因になるとも言われています。

広告募集中